1/10

ジョルジュ・ルオー「『ミセレーレ』より 廃墟すら亡びたり」

¥180,000 tax included

the last one

Shipping fee is not included. More information.

Japan domestic shipping fees for purchases over ¥100,000 will be free.

作家:ジョルジュ・ルオー
作品名:「『ミセレーレ』より 廃墟すら亡びたり」
年代:1926年
技法:ヘリオグラビュール・シュガーアクアチント・ドライポイント 他 ed.450
イメージサイズ:57.5×44.5cm
額サイズ:89×74×5.3cm
サイン:版上有
附属品:額

************************************************

20世紀フランスを代表する画家、ジョルジュ・ルオー。
宗教主題を中心に、道化師や踊り子といった苦悩する人間をモチーフにした数々の名作を残しています。

こちらは、版画集『ミセレーレ(MISERERE)』に収録された一枚です。

『ミセレーレ』とは、ラテン語で「憐れみたまえ」、すなわち「慈悲」を表す言葉です。
当初、父の死をきっかけに1912年頃から制作された第一部を「ミセレーレ」、1914年の第一次世界大戦勃発以降に取り組む第二部を「戦争」と名付け、二部構成から成る全100点の連作として構想されていました。
その後、ルオーと専属契約を結んでいた画商ヴォラールの発案で、1922年から1927年にかけて完成した白黒銅版画全58点に厳選し、パリの刷り師・ジャックマンの手により500部印刷されることとなります。
ヴォラールは自身が没するまで作品を手元に置き続けますが、戦乱やヴォラールの死を経て、彼の遺品の中から発見された版画にはいくつかの欠損・破損が生じていました。
そのため、1948年になってようやく450部の限定枚数にて刊行されるに至ったのです。

本作「廃墟すら亡びたり」は、戦争がテーマの第二部の扉絵に当たります。
上部に掲げられた「GUERRE」は、フランス語で「戦争」の意。
中央に光彩を放つキリストが浮かび、アーチ状の空間の下には武具を身につけた兵士が描かれています。
戦いに疲弊し命を落とす兵士、そこに神の慈悲は届くのだろうか。
第一次世界大戦を目の当たりにし、まさに「廃墟すら亡びたり」と言わざるを得ないほどの絶望を感じたルオーが、作品を通して問いかけたかったことなのかもしれません。

『ミセレーレ』で、画家は人間の孤独や寂しさ、不条理や愚かさをあぶり出し、避けられない死と、キリストによる救済と向き合います。
その強烈な精神性を表現するため、銅版画の様々な技法を組み合わせて作られた作品群は、ルオーの画業における最高傑作と言われています。

色彩のない白と黒のみの世界だからこそいっそう強固に感じる、魂を直接震わせる力強さ。
戦争、宗教、生死…。
苦しみと救いという壮大なメッセージを、時代を超えて考えさせられる名作です。

画面左下には、ルオーの版上サインと、原版の制作年がございます。

立体的な飾りのある幅4cm程の黒金の額に、ルオーのネームプレートが添えられています。
重厚で古典的なデザインの大変上質な額が、崇高な作品世界をしっかりと受け止めている印象です。

100年近い年月を経た版画のため、シートにはヤケが見られます。
また、年代物の額にも小傷やスレなどの経年変化が生じています。
展示する上でほとんど気にならない程度かと思われますが、古い作品の持つ特性として予めご理解くださいませ。

************************************************

撮影の都合上、実際の色味とは若干異なっている可能性があります点、ご了承ください。
ご利用中のディスプレイ端末によっても多少の差異が生じるかと思います。

ご不明な点がありましたらお気軽にお問い合わせください。

************************************************

International shipping is available.
Please feel free to contact us via the inquiry form.

Add to Like via app
  • Shipping method / fee

  • Payment method

¥180,000 tax included

最近チェックした商品
    同じカテゴリの商品
      セール中の商品
        その他の商品